ソフト不具合で原発配管強度に計算ミス

印刷

   東京電力など電力各社と日本原子力研究開発機構は2008年4月10日、原発17基の配管の強度計算に誤りが見つかった、と発表した。日立製作所の計算ソフトにプログラムのミスがあったのが原因。経済産業省原子力安全・保安院は、同じプログラムを使って計算していた電力各社に対して、4月末までの再調査を指示した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中