2018年 7月 20日 (金)

人気アニメがユーチューブ流出 「放送前」は前代未聞の事態

印刷

   TBS系の人気アニメ「コードギアス」の次回第3話の一部が、放送前にネット上へ流出したことが分かった。第3話の最後の場面とみられる約6分間がユーチューブなどに投稿されており、その経緯が噂される騒ぎになっている。放送前番組のネット流出について、民放連の関係者は「聞いたことがない」と話しており、前代未聞の事態となっている。

「誤操作でネット上に映像を公開」

ユーチューブに投稿された「コードギアス」次回作の1場面
ユーチューブに投稿された「コードギアス」次回作の1場面

   このアニメは、06~07年にかけてテレビ放送され、大ヒットした「コードギアス 反逆のルルーシュ」の続編「R2」だ。2008年4月6日から、毎日放送(大阪市)を通じて全国配信され、TBS系で毎週日曜日午後5時スタートで放送が始まった。ストーリーは、神聖ブリタニア帝国の捨てられた皇子ルルーシュが、謎の少女C.C.から絶対的な力「ギアス」を与えられ、帝国の植民地となった日本を救うべく「黒の騎士団」を率いて帝国に戦いを挑むというもの。

   今回、流出したのは4月20日放送予定の第3話「囚われの学園」。その最後の場面約6分間が、4月15日ごろにユーチューブに投稿されたとみられ、その後ほかの動画サイトなどにも次々に転載された。ユーチューブの投稿動画は、このアニメを制作した「製作委員会」メンバーのサンライズが「著作権法上の権利が侵害された」と申し出て、ほとんどが削除されている。現在は、中国のサイトにアップされているぐらいだ。

   番組の一部が流出したのは事実なのか。

   コードギアスの配信を手がけているバンダイチャンネルの清水毅副社長は4月16日、J-CASTニュースの取材に対し、「(流出は)事実として確認済み」と認めた。流出の経緯については、清水副社長は、「社内の担当者が、不正投稿防止のためにパソコンでテストしていたところ、誤操作してネット上に公開してしまったということです。結果的に、誰かに映像を抜かれることになってしまいましたが、どのような経緯で抜かれたかは調査しています」と説明する。今のところ、これ以外に流出したファイルは確認されていないといい、同日中にも自社ホームページで事実関係を伝えるとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中