長野の聖火リレー スポンサー企業が車両広告を辞退

印刷

   長野市の聖火リレー実行委員会は2008年4月17日、北京五輪スポンサーの日本コカ・コーラレノボ・ジャパンが、同市内で26日に行われる聖火リレーの伴走車両に広告を出すことを辞退したことを明らかにした。

   同じスポンサーのサムスンは当初から広告を見合わせており、リレーではスポンサーの広告車が一台も出ないことになった。辞退の理由として、レノボは広告車両の規格などが合わなかったとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中