2018年 10月 21日 (日)

大システム統合の困難さ 三菱東京も初日に障害発生

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「世界最大級」とも言われる三菱東京UFJ銀行の基幹システムを統合する作業が山場を迎えている。ところが、新システムを稼働させた直後に、提携機関のATMとの間で預金の引き出しや入金ができなくなるというトラブルに見舞われてしまった。同行では、100万回以上もテストを繰り返し、システムの開発状況を説明するための異例の記者会見を開くなど、万全の体制で臨んできたが、それでも障害を防ぐことはできなかった。大規模システムの統合の困難さが、改めて浮き彫りになった形だ。

100万回以上テスト繰り返す

三菱東京UFJは正念場を迎えている
三菱東京UFJは正念場を迎えている

   大手銀行が統合する際のシステムトラブルは、これが初めてではない。02年春に第一勧業、富士、日本興業の3行が統合して、みずほフィナンシャルグループ(FG)が発足する際、開業初日に大規模なシステム障害が発生。ATMで残高照会などができなくなったほか、口座振替に大幅な遅延が発生したのは記憶に新しいところだ。影響は1か月以上続き、結果、口座を解約する顧客が相次ぎ、金融庁から業務改善命令を受けることになったという経緯がある。

   三菱東京UFJの発表によると、2008年5月12日午前、提携先であるセブン銀行のATMで旧東京三菱のカードを使った引き出しや残高照会ができなくなり、約2万件の取引ができなかった。それ以外にも、ゆうちょ銀行など6つの提携金融機関に口座を持つ顧客が、旧東京三菱のATMから入金できなくなるトラブルが262件発生した。三菱東京UFJと提携先とでやり取りするデータの形式に誤りがあったことが原因だった。

   この日は、旧東京三菱の約250店が、新システムに移行する作業が行われ、今後、旧UFJ銀のシステムを新システムに5段階にわけて移行を進める。つまり、移行作業はこれからが本番と言え、今回のトラブルで「出鼻をくじかれた」との指摘もあがりそうだ。

   実際、渡辺喜美金融担当相は5月13日の記者会見で

「点検と試験を重ねてきたはずなのに残念。今回の不具合を踏まえて、二度と起きないようにして欲しい」

と注文を付けてもいる。

   もっとも、同行は、統合作業に慎重を期して取り組んできた。今回のシステム統合作業は、2つの段階を踏んで進められている。「Day1」と呼ばれる第1弾では、旧2行の「勘定系」と呼ばれる基幹システムを「接続」し(05年2月~06年1月)、第2弾の「Day2」で基幹システムを「統合」する(06年1月~08年12月)という段取りだ。今回のトラブルは「Day2」の作業中に発生したということになる。

   Day2の完了は08年末を見込んでいるが、当初は07年12月だったものを1年間延期した、という経緯がある。Day1の最終段階で金融庁からテスト不足を指摘され、銀行の合併を3か月延期せざるを得なくなり、Day2についても慎重を期した結果だ。テストを行った回数も100万件を超えている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-salon.png
【初心者大歓迎】アナログゲームイベント開催決定!

脳の普段使わない部分が活性化される感覚を味わう。初めて会う人とも盛り上がり、ついつい声まででてしまう。そんなアナログゲームの楽しさを体験しに来てください!

PR 2018/10/19

姉妹サイト
    loading...