サポーター同士の「乱闘」 フーリガン生まれつつあるのか

印刷

   浦和レッズとガンバ大阪のサポーター同士が演じた暴動は、「Jリーグで前代未聞」と報じられた。モノを投げ合ってケガ人が発生し、3時間以上もにらみ合う異常事態になったのはなぜか。

サポーターがフェンスをなぎ倒して乱入

お詫び文が出された浦和レッズの公式サイト
お詫び文が出された浦和レッズの公式サイト
「どこの中国だよ」
「フーリガンが生まれつつあるのか?」

   Jリーグを代表する2クラブ同士の騒ぎは、ネットにも波及した。2ちゃんねるでは、関連のスレッドが次々に立ち、その原因を巡って様々な憶測が飛び交っている。

   スポーツ紙各紙や両クラブの説明によると、浦和レッズの本拠地となる埼玉スタジアムで2008年5月17日行われた試合で、暴動のきっかけになったのはサポーターの行為だった。対戦相手のガンバ大阪のサポーター数人が、水風船、ペットボトルなどをレッズ側観客席に投げ込み、それが子どもらに当たった。レッズのサポーターは、この行為を非難して、謝罪を求め始めた。そして、レッズが2対3で負けると、双方のサポーターがモノを投げ合うようになり、サポーターが緩衝地帯のフェンスをなぎ倒して乱入しようとした。

   その後、レッズのサポーター約1万人がスタンド外に集まり、ガンバのサポーター約800人が取り囲まれてスタンドから出られなくなった。そのにらみ合いは最大3時間半も続き、ガンバ側が謝罪してようやく混乱が収束した。この暴動で、ガンバの男性サポーター(35)が溝に転落して右足首を骨折し、取材記者がシャツを破られた。両クラブは18日にホームページにお詫び文を掲載。レッズは運営責任を問われて、Jリーグから勝ち点剥奪などの厳罰を受ける見通しと報じられている。

   この暴動騒ぎについて、サッカージャーナリストの後藤健生さんは、

「フーリガンとはかなり違います」

と解説。そのうえで、暴動の背景をこうみる。

「Jリーグが誕生してから15年。過去の因縁が積み重なっています。ヨーロッパでも、どことどこが仲悪いということがあります。昔、有力選手を引き抜いたとか、暴動があったとか、いろいろ潜在的な理由はあると思います。日本でも、死者が出るまでいかなくても、小競り合いは年に2回ぐらい起こるようになるでしょう」

   レッズとガンバについては、互いに覇を競う存在だけに、「感情的なわだかまりがたまっていたのではないか」と後藤さんは推測する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中