店長に残業代支給へ 日本マクドナルド

印刷

   日本マクドナルドは、2008年5月20日、08年8月1日から新報酬制度を導入すると発表した。管理職扱いで時間外手当(残業代)を払ってこなかった直営店の店長約2000人に残業代を支払うことなどを決めた。現在の制度には残業代がなかったため、同社の店長らが「名ばかり管理職」だとして提訴。東京地裁は08年1月に残業代を払わないのは違法と判断した。新報酬制度では従来と同額の基本給に加え、成果給と時間外労働手当を支払うものの、「店長」の職務給は廃止する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中