2018年 7月 17日 (火)

品川祐の人生観「今日も最高に空気が美味い」

印刷

   お笑いコンビ「品川庄司」の品川祐さんは、人生について考える瞬間があるようだ。2008年5月21日のブログでは、「勝ち負け」にこだわっていた時と現在の自分を比較している。

「俺はアホでした。
好きではじめたお笑い芸人だったのに
売れたくて 必死になりすぎて
楽しむのを忘れてました」

   例えるならば、山登りに似ているようだ。

「山が好きではじめた山登り。
頂上を目指して 頂上を睨みつけて
必死に登り続ける」

   ところがそのうちに、

「『誰よりも早く』 『誰よりも高く』
っていつの間にか勝ち負けにこだわっちゃって
必死になりすぎて」

と、競争の激しいお笑い業界ゆえの、苦悩をのぞかせた。

「空の青さも 川のせせらぎも 空気の美味しさも 鳥や虫の鳴き声も
何も楽しまずにもったいねぇ」

   そう思えるようになり、最近では毎日が充実しているようだ。

「俺の登っている山は
景色が最高で 仲間も最高で
だからこそ頂上はきっと最高で
だから俺は登るんだ」
「今日も最高に空気が美味い」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中