嫌われ者ブラックバス 実はヘルシー、メタボに効く!

印刷

   日本の湖沼の生態系を脅かす外来魚として、すっかり悪者のイメージが定着している「ブラックバス」。最近では、「意外とおいしい」とブラックバス料理の人気が高まっているほか、意外にヘルシーで、メタボ患者にもいいという結果も出ている。

「これまでに40種以上のブラックバス料理を考案してきた」

   と話すのは、琵琶湖のある滋賀県庁の食堂の井上三郎支配人だ。2007年7月からブラックバスを食堂のメニューに掲げている。スタート時は1カ月限定メニューだったが、予想以上に反響が大きかったので続けることになった。

「パスタ」や「カレー」にもブラックバス

   「ブロッコリーとにんにく醤油炒め」「醤油ペペロンチーノ」「ココナッツミルクカレー」「ムニエルトマトレモンソース」「和風ハンバーグ」「1口カツカレーライス」といった具合に、週替わりで毎月4~5のメニューが誕生する。

   08年6月からはブラックバスの天ぷらと野菜を炒めた新メニューを始める。臭みがある魚だと言われているが、「塩でもみ洗いをした後に、しっかりと味付けをするとおいしく食べられる」という。

   ここでは1日約20食、2キロ分のブラックバスが消費される。井上支配人によると、「スズキに似た味で意外とおいしい」と好評なようだ。

「琵琶湖のブラックバスを食べつくすまでやる」

   井上支配人は新メニューの開発に意気込んでいる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中