転身インリン カメラマンデビュー

印刷

   プロレス引退を発表したインリン・オブ・ジョイトイさんが、2008年5月30日のブログで、カメラマンとしてデビューすることを明かした。

   沖縄で写真撮影をしているというインリンさん。被写体としてではなく、カメラマンとして新人モデルの写真集を撮っているとのことだ。

   「前から撮る側にもすごく興味があった」。今回、初めての写真撮影で、撮られる側より撮る側の方が大変だということがわかったという。

「イメージしたり、光をみたり、モデルのいかにいい表情を引き出すか悩んだり…」

あまりの仕事量の多さ。しかし、カメラマンの苦労はそれだけではなかった。

「カメラの画面を一日中ずっと見てるので、カメラ酔い?してしまって、マジきつかった…!」

   その苦労あってか、「影の中の怪しいエロス+ちょいクラシック萌え系のアーティスティック風」に表現できた。自身も「写真集出来るのすごく楽しみ!」とのことだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中