2021年 9月 18日 (土)

「右向けば右」ばかりのメディア プロならもっと個性出せ
作家の麻生千晶さんに聞く

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   辛口のテレビ批評で知られる作家の麻生千晶さんだが、叱咤と裏返しの激励コメントも多い。メディアでは今、テレビや大新聞が地盤沈下、しかし、市民記者やブログに象徴されるネット媒体も育っていないと言われる。あるべきメディアの姿はどのようなものか、麻生さんに辛口で提言してもらった。

「おバカキャラ」は作られたもの

作家の麻生千晶さん
作家の麻生千晶さん

――麻生さんは今度「麻生千晶のメディア斬り」という本を出されました。まず、よく批評されるテレビのダメなところを教えて下さい。

麻生   テレビは、今でもメディアの王様ですが、ある局で「おバカキャラ」がはやったら、他局もすぐ同じ方向を向きます。あまりにも「右向け右」なんです。マスコミ各社が事件に押しかけることをメディアスクラムと言いますが、番組の作り方もスクラム状態です。テレビ局は、金がもうかりさえすればいい。でも、私はへそ曲がりの少数意見派なので、こうした状態に、マユにツバつけて「ちょっとおかしいぞ」と思う方なんです。

――昔に比べて全般的に視聴率の低下が著しいので、余裕がないのですか。

麻生   そうです、そこで、制作費が安くて視聴率が取れるバラエティやクイズが増えまくるわけです。「おバカキャラ」は、あれは作られたものですよ。本当は「おバカ」ではない。タレントのスザンヌさんは、「クイズ!ヘキサゴンII」で売り出しましたが、クイズの答え方を見ていると、真性バカだとは到底思えません。ゲラゲラ笑わせて、視聴率が取れればいい。「ヘキサゴン」は見所もありますから別として、もっと酷いタレントいじめのような下品な番組を、大学卒のエリートが作っていて、むなしくないんですかね。

――いまどきのテレビマンの姿を象徴する話があれば、お願いします。

麻生   最近なら、NHK職員のインサイダー取引問題ですね。最初の調査で3人だけだったのが、その後、勤務時間中にネットで株取引していた職員が81人もいました。関西のある都市のゴミ処理施設で前に、勤務中の「中抜け」が問題になりましたが、その中抜けとまったく同じですよ。民放テレビがニュースで糾弾していました。外部の人から見れば、勤務時間中に私的な株取引をやることと中抜けしてプールに行ったりすることは「同類」なのです。NHKは、受信料という預かった金でやっているので、もっと自己に厳しくあるべきです。

――いずれにせよ、ずいぶん安易な仕事をしているということになりますね。

麻生   テレビは、限られた電波を免許で割り当てられた「社会の公器」です。まっ昼間にテレビ局員が株の売り買いをしているだなんて、公器の意識が欠けすぎます。民放地上波のテレビ番組も、あまりにも偏りがありすぎますし、BSは通販番組の多さが目に余ります。誰でもブログを立ち上げられるネット社会のように、テレビ業界がいわばネット化しているんですね。誰でも作れない免許企業であることを忘れてしまっている。物が豊富な時代に育った今の若い人は、本物を見分ける嗅覚があります。みなジャニーズ頼みで同じ作り方のテレビは、徹底的にバカにされますよ、そのうち。テレビ局は、それぞれもっと頭を使って個性を出すべきなんです。社員教育をもっと徹底してほしいです。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中