2018年 7月 20日 (金)

セブン&アイHDが直営農場 収穫野菜を販売へ

印刷

   イトーヨーカ堂を傘下にもつセブン&アイホールディングスは2008年6月19日、「農業生産法人を設立し農場運営を開始する」と発表した。大手流通業者の農業参入は初めてという。

   千葉県・富里市農業協同組合と協力して、同市内にある約2ヘクタールの農場を、2008年8月に設立する農業生産法人を通じて運営。今秋以降、ここで栽培した野菜を千葉県内6か所のイトーヨーカ堂で販売する。また、この6店舗で排出される食品の残渣を堆肥化して直営農場に搬入することで「完全循環型リサイクル網」を構築する。

   初年度の栽培品目は、大根やきゃべつ、ニンジン、ほうれん草、小松菜などで、約130トンを計画。セブン&アイHDでは、「千葉県における休耕地の増加に歯止めをかけるとともに、将来的には食料自給率の上昇にも貢献できる」と期待している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中