2019年 2月 16日 (土)

ニコニコ動画「MAD」も削除 「他に何を見るんだ」と不満の声

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   動画投稿サイト「ニコニコ動画」で、元のコンテンツを編集し、再構成した「MAD動画」も削除される方針が明らかになり、ユーザーから不満の声が上がっている。一方で、「一律削除では何も生み出さない」として「MAD動画」も含めてコンテンツの投稿を認め、広告ビジネスを展開しようとする動きも出てきている。

「ニコニコ」では「MAD動画」が人気だ

ニコニコ動画では「MAD削除」に不満を示す動画も
ニコニコ動画では「MAD削除」に不満を示す動画も
「MADのないニコニコなんてルーの入ってないカレーだな」
「もうニコニコの生命線はここらで切れるのかねえ・・・」
「で、ニコニコで何を見れと?」

   ドワンゴは2008年7月2日、日本動画協会、日本映像ソフト協会、日本映画制作連盟からの要請で、「ニコニコ動画」で3団体の著作権を侵害している動画を削除すると発表した。その中には、「MAD動画」も対象になっている。「ニコニコ動画」の場合、アニメや映画の映像や音声を組み合わせたりして再編集した「MAD動画」が人気を集めており、ユーザーから同サイト内でこんな不満の声が相次いでいるのだ。

   同社は、3団体の要請に応じて「MAD動画」を削除するということで、「MADがすべてダメという訳ではない」(広報担当者)としている。今回「MAD動画」が削除対象であることを明示したのは、アニメなどの著作権を有する団体からの要請を受けたため。「MAD動画」については、目視による監視体制を強化していく方針だ。

   一方で、「MAD動画」をうまく使って、ビジネス展開をしようとする取り組みも出ている。 米グーグル傘下の動画投稿サイト「ユーチューブ(YouTube)」を利用した広告事業を展開しようとしているのは角川グループホールディングス。同社は2008年6月10日から「ユーチューブ」と連携して「夏の動画投稿ドリームキャンペーン」を展開した。現在はオリジナル動画の投稿のみを受け付けているが、自社アニメ動画の投稿を促す取り組みを始める予定だ。

   この取り組みは、角川のアニメのプローモーションの一環で、投稿が許可されるのは、DVD版発売前のアニメに限られ、投稿できるアニメ映像の時間にも制限がある。ただし、悪意のある動画などを除き、MAD動画の投稿は受け付ける方針だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中