2023年 1月 28日 (土)

太陽電池発電上向く兆し 住宅向けの補助金制度復活へ

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

現状の太陽光発電は電力料金の2倍

   福田ビジョンや経産省の対応で、「太陽光発電が積極的に活用される環境が再び整ってきた」(国内大手メーカー)との歓迎の声が高まっている。各メーカーは実際、国内向けの太陽光発電システムの量産体制を整備する構えだ。

   ただ、経産省が「価格は3~5年で半額程度に抑える」とする主張に対しては、「かなり厳しい」(関係者)と疑問の声も少なくない。1キロワット当たりの発電コストに換算した場合、現状の太陽光発電は45~46円で、既存の電力料金(22~23円)の2倍。価格をいかに抑えられるかが普及のカギを握っており、メーカーの責任も重くなりそうだ。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中