2019年 9月 19日 (木)

「リベンジ」山本モナ復帰 肩の力抜いてキャスター稼業

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   フリーアナウンサー山本モナさんが2008年7月6日、1年9か月ぶりにキャスターに復帰した。不倫騒動でTBS系「筑紫哲也 NEWS23」を5日間で降板しただけに、新番組のキャッチフレーズも「私は、私に、リベンジするの」。もっとも本人は「キャスターにこだわりは、実はそんなに無い」と自然体で取り組むようだ。

「『リベンジ』はやめてください、って言ったんです」

   モナさんがキャスターに復帰したのはフジテレビ系ニュース新番組「サキヨミ」。朝日放送(ABC)の元アナウンサーで、様々なニュース番組や情報番組を担当し、05年にフリーに。06年9月、「筑紫哲也 NEWS23」のキャスターに抜擢され、フリー後最大のチャンスを得たものの、わずか5日間の番組出演で降板することになった。民主党の細野豪志議員との不倫を報じられたのが原因とされている。

   新番組「サキヨミ」のCMやポスターは、ボクサー姿のモナさんがモデル。そこに書かれたキャッチフレーズが、

「私は、私に、リベンジするの」

   08年7月4日、フジテレビ系情報番組「めざましテレビ」に「サキヨミ」のプロモーションで出演したモナさんに司会者が「リベンジ」について質問すると、モナさんは、

「『リベンジ』はやめてください、って言ったんですけど、うちのプロデューサーがダメと。これがいいと言って…」

と恥ずかしそうに話していた。そして、

「キャスターにこだわりは、実はそんなに無い、というか、あまり本人的にはこれでキャスターに(カムバックする)という気はあまりしていない。いい意味では楽な気持ち」

などと語っていた。バラエティー番組での人気を確立したからこそ言える言葉なのだろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中