にしおかすみこ 初対面で爆笑した相手

印刷

   お笑い芸人のにしおかすみこさんは最近、舞台を観に行った時に、初対面の人たちにまるで友達のように話しかけられたというエピソードを、2008年7月9日のブログに書いている。

「ちょっと前になりますが。
D-BOYSの舞台『ラストゲーム』を青山劇場に見に行きました」

   D-BOYSとは、ワタナベエンターテインメントに所属する若手男性俳優集団だ。その日は講演初日で大勢のお客がロビーに溢れていた。すると10代らしき女の子3人がにしおかさんに気づき、「あ! すみこだ! すみこ! こっち! こっち!」と、友達のように話しかけてきた。あまりに親しげな様子にあっけにとられたにしおかさんだが、「知っててくれるのは、ありがたい」と、うれしかった様子。そのうちの1人が誰を目当てにみにきたのかと聞くので、にしおかさんは

「誰って、訳じゃないんだけど、いい舞台だって聞いて」

と答える。すると、

「ウケるんですけどー!」

「ふつーーなんですけどーー!」

   3人は爆笑した。何がウケるのかがわからないにしおかさんだったが、さらに話を続ける。舞台について「すごい!」「感動する」と言うので、にしおかさんはもう見たのかと尋ねると、

「まだ! だって、今日初日だよ!
すみこうっかりにも、ほどがあるんですけどー!」

と、またも爆笑した。

   さらに、舞台が終わり帰ろうとすると彼女らは待ちかまえていて、感想を聞いてきたという。にしおかさんが「よかったよ!」と答えると、「ふつーーなんですけどーー!」と爆笑。

「結局、駅まで、4人で、キャッキャッ、感想を言い合いながら帰りました。
楽しかったなー」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中