三菱UFJ、メリルリンチとの合弁証券を子会社化へ

印刷

   三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、米メリルリンチと合弁で設立した「三菱UFJメリルリンチPB証券」への出資比率を引き上げ、連結子会社にすることで調整している。2008年7月28日、J-CASTニュースの取材に答えた。

   三菱UFJメリルリンチPB証券は06年5月に営業を開始。金融資産1億円以上の富裕層個人を対象にプライベートバンキング(PB)サービスを提供している。三菱UFJは、「ビジネスは順調に推移しています。これまでの枠組みを維持しながらも、さらに成長していくために(出資比率の見直しを)検討しています」と話し、現在50%ずつの出資比率を、MUFG51%、メリルリンチ49%とする方向で調整している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中