2019年 2月 22日 (金)

京大卒「就職難民」が大量発生 これは大学や社会が悪い?

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   京都大学の女子学生が、「京大卒のエリートが希望する職種先から内定をもらえないのは社会や大学に問題がある」とブログで論陣を張った。これに対し、アルファブロガーの小飼弾さんが、この女子大生は「高学歴=エリート」と思い込んでいる「死ななきゃ直らないバカ」と自身のブログで攻撃、この論争がネットで話題になっている。

京大女子学生が「自己責任ではない」と問題提起

京大生が就職できないのはおかしいと「女。京大生の日記」
京大生が就職できないのはおかしいと「女。京大生の日記」

   2008年7月30日のブログ「女。京大生の日記」には、「没落エリートの出現」というタイトルで高学歴エリートの就職問題が書かれている。「没落エリート」というのは、高学歴でありながらビジネス社会で疎外される人々を指すそうだ。超売り手市場と言わる新卒就職市場でも、就職するのに四苦八苦する高学歴就職難民たちがいる。京大を卒業しても、希望の就職先に就けず悶々とした日々を過ごしている学生がいる。高学歴でも「没落」するのはコミュニケーション能力が低いことに起因し、それは自己責任の問題ではなく、教育、社会の問題だと説いている。

   これを読んだ小飼さんは相当頭にきてキレたようで、同日付けの自身のブログ「404 Blog Not Found」で、「学校ってバカを治療してくれんのか」と題した反論をアップした。そもそも、高学歴者はエリートというのが「イタイ」考えで、ゲームに例えるなら「京大ゲームをクリアした」というレベル。そして、京大の名を出すことでしか自分の優秀さを証明できないと思い込んでいる。本当に優秀なら社会のせいにせず、自分で解決したらいい、というのだ。このブログには「バカ」が16回も出てくる。小飼さんは最後に、

「社会がよりバカに優しくなってくれることを望むけれども、バカであることに褒美を出す社会はダメだと断言する。この二つを取り違えるのは、社会にとって致命的にバカな過ち」

と結んでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中