2019年 9月 18日 (水)

外務官僚ホテル代不払い問題 デヴィ夫人暴露で奇々怪々な展開

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   世間を騒がせている外務官僚のホテル代不払い問題。これに対し、デヴィ夫人がブログで、官僚はホテル女性オーナーとの不倫関係のもつれの犠牲になったと暴露した。しかし、その後不払い官僚と愛人官僚とは別人だ、と女性オーナーから説明されたという。そもそもこの騒動には不思議なことが多く、「愛人関係」があったのかどうかも含め、奇々怪々な展開になっている。

愛人官僚と不払い官僚とは別人であると説明された

不払い官僚について書いたデヴィ夫人のブログ日記
不払い官僚について書いたデヴィ夫人のブログ日記

   芸能界のご意見番として知られるデヴィ夫人が、渦中の問題に触れたのが公式ブログの2008年8月3日付日記。そこで、東京・目黒にあるホテルの宿泊代1538万円の不払いが発覚した外務省経済局の男性官僚(40)が、実はこのホテルの女性オーナーと愛人関係にあったと暴露したのだ。

   日記によると、女性は07年初夏、知り合いのデヴィ夫人に対し、官僚に会ってその妻と別れて女性と結婚するよう説得してほしいと懇願。その際、この官僚を「生涯ただ一人の人、心から愛している」と話していたという。デヴィ夫人は依頼に応じなかったようだが、この女性は、官僚に振られた腹いせに、「世間の笑いもの」にしようと企んだ。そして、ホテルを逢瀬の場と思って無料宿泊していた官僚に、高額の宿泊料を要求したと断じていた。

   ところが、デヴィ夫人は、8月4日に日記の内容を修正。付記として、この日午前中に、女性オーナーから電話があり、愛人官僚と不払い官僚とは別人であると説明されたというのだ。

   さらに、同日発売の日刊ゲンダイは、デヴィ夫人のブログを取り上げ、ある霞が関の関係者も別人説を言っていると紹介している。それによると、女性オーナーの愛人は、大物エリート官僚だという。

   とすると、不払い官僚がとばっちりを受けたということなのか。事実関係を確認しようと、J-CASTニュースでは8月4日、女性オーナーに取材しようとした。しかし、外出中といい、対応に出たホテルの支配人は、「それはデヴィ夫人に聞いて下さい。私どもとしてはノーコメントです」と答えるのみだった。この問題を最初に報じたのは産経新聞だったが、支配人は、「産経に報道されていたのが事実です」とも話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中