廃家電のガイドラインを作成 環境・経産両省

印刷

   環境省経済産業省は2008年8月4日に合同で審議会を開き、小売業者が引き取った家電製品のリユース(中古)・リサイクル方針についてまとめた。

   製造後約15年経過したエアコンとブラウン管テレビ、製造後約10年経過した冷蔵庫と洗濯機は原則リサイクルする。一方、製造後約7年以内で省エネの条件を満たしていれば、中古として流通できる。環境省の担当者によると、あくまでガイドラインであり、最終的な判断は小売業者に任せることになるという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中