地銀42行、住宅ローンの収益でグリーン電力を購入

印刷

   横浜、千葉、静岡、京都などの地方銀行42行は、各行が取り扱う住宅ローンで得られる収益の一部で、化石燃料を使わない自然エネルギーの発電をもとに発行される「グリーン電力証書」を共同購入する。2008年8月6日に発表した。住宅ローンの取り扱い件数などをもとに地銀42行が資金を出し合い、合計で毎時385万キロワット分のグリーン電力証書を購入することで、約2137トン相当の二酸化炭素の削減に貢献する。

   横浜銀行によると、購入時期は秋ごろの予定で、購入したグリーン電力証書の活用方法は参加各行で検討するという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中