自民・麻生幹事長 「株式配当300万円の非課税」を表明

印刷

   自民党の麻生太郎幹事長は2008年8月9日、札幌市などで講演し、政府の緊急経済対策による減税として、株式配当に300万円の非課税枠を新設する意向を明らかにした。優遇税制の拡大で証券市場を活性化し、株価上昇などにつなげるのが狙い。

   麻生氏は、講演の中で、法人税増収のため景気対策が必要との認識を示し、株式配当の非課税枠について「首相になったらやりたいと思っていたが、待っていられない」と話した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中