国の医師給与、11%引き上げを勧告 人事院

印刷

   人事院は2008年8月11日、08年度の国家公務員の給与について、現行水準で据え置く勧告を内閣と国会に提出した。一方、国の医療施設に勤務する医師の給与は、民間病院や独立行政法人国立病院機構に勤務する医師を大きく下回っていることから、若手・中堅医師の人材確保のため、09年4月1日から年間給与を平均で約11%引上げるよう求めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中