2019年 10月 17日 (木)

「年越しそば」に対抗「年明けうどん」 讃岐うどんのお膝元がPRに乗り出す

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   「年越しそば」の後には「年明けうどん」を食べよう――讃岐うどんで有名な香川県内の麺業界がこんなPRに乗り出す。太くて長くて切れにくいうどんは縁起がいい食べ物だそうで、「全国に正月うどんを広めたい」と意気込んでいる。

うどんで「明るくて楽しい話題を作りたい」

   さぬきうどん協同組合、香川県製粉製麺協同組合、小豆島手延素麺協同組合を中心に、香川県内の麺業界団体・企業が「さぬきうどん振興協議会」を08年7月14日に立ち上げた。高松市に資料館を設立し、全国的なPR活動を展開する。なかでも力を入れていくのは「年明けうどん」の普及だ。年末に食べる「年越しそば」に対抗して、「年明けにはうどんを食べよう!」とPRする。

   振興協議会の事務局は讃岐うどんの製造・販売会社、めりけんや(香川県綾歌郡)に置かれている。同社の代表取締役・諏訪輝生さんは、

「黒くて、ぷつぷつと切れやすいそばと対照的に、白くて太く、長いうどんは縁起がいい。年越しそばを食べて煩悩を絶ち、正月にはうどんを食べるという習慣を全国に広めたい」

と意気込みを語る。どのようにアピールするかの具体案は、これから協議会で話し合うそうだ。

   うどんの消費量が多い香川県では、年越しそばの代わりに食べることも珍しくない。また、うどんを食べる行事もあって、毎年7月2日頃にあたる「半夏生(はんげしょう)」がそれだ。他県では似た行事はなく、新たに作ったらいいのではないか、という案が浮かんだ。香川県でも正月に食べる習慣は特になかったが、県観光協会も乗り気だという。消費量が増えるだけでなく、「明るくて楽しい話題になる」といった期待が込められている。というのも、このところうどんに関していろいろ騒動が起こっているからだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中