2019年 12月 10日 (火)

川田議員と後援会が「ぎくしゃく」 原因は「新妻病」「新婚ボケ」??

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   川田龍平参院議員(32)が週刊誌に「新妻病」や「新婚ボケ」と報じられている。結婚を機に川田議員が「豹変」して、議員と後援会との関係が悪化したという指摘だが、川田議員事務所は「新婚ボケ」は「断じてない」と否定している。では、後援会との「ぎくしゃく」はなぜ生じたのか?

後援会事務局有志が議員を批判する文書を配布

   川田議員と後援会「川田龍平を応援する会」との「ぎくしゃく」が露呈したのは2008年7月中旬のこと。川田議員の國弘正彦秘書が後援会事務局長に就任した08年5月末以降、後援会が「機能マヒ」に陥っているとして、同後援会の事務局有志11名が川田議員を批判する文書を会員向けに配布。「川田議員の困惑せざるをえない振る舞い」として、「チベット問題への発信の拒否(3月)」「体調不良を理由に午前の国会を欠席し、その日の午後に旅行に行くという不見識(08年3月)」「事務局会議や定例会議の中止や欠席(5月上旬)」など10項目を挙げ、後援会側は「私たちは、3月以降の川田議員の理解できない振る舞いに、心の底から困惑しています」と主張している。

   後援会の広報担当者は2008年8月18日の段階で、「いまだに、(川田議員と)話し合えていません」としており、

「私たちの会員に対する説明会の場でも、『総会を開催して説明を』という声が多数を占めました。(川田議員)本人が直接、説明することが求められていると考えます」

J-CASTニュースに対して述べている。「市民派」と知られる川田議員と後援会との絆は深かったはず。それが「話し合いもできない」状況が継続しているとすれば、不可思議だ。

   川田議員は08年2月にジャーナリストの堤未果さんと結婚。08年3月5日のブログでは、

「彼女と結婚できて、本当に幸せです。これまで自分は長く生きられないと思ってきましたが、彼女より一日でも長く生きたいと思うようになりました。彼女の存在が僕に力を与えてくれます」
「彼女は、生きる意味を共感できる大切なパートナーです。一緒に居られるだけで幸せです」

と「幸せ」ぶりをアピールしたまま、2008年8月19日の時点でも更新されていない。

   一方、2008年8月18日、19日に発売された「週刊ポスト」「週刊朝日」(ともに8月29日号)は、川田議員と後援会との「ぎくしゃく」ぶりについて、川田議員の「新妻病」「新婚ボケ」を挙げながら報じている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中