2019年 8月 20日 (火)

6300万円仏壇「イタズラ注文?」相次ぐ 販売元「明らかな犯罪」と警告文

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   ショッピングサイトで6300万円の仏壇が販売されていたが、販売元が「いたずら注文」が相次いでいるとして「イタズラ注文者を特定し、損害賠償請求する」とする警告文を掲載した。これがインターネット上で話題になり、なぜか購入者は日増しに増えている。はたしてどこまでが「本当の購入者」なのか?

仏壇の販売店が損害賠償請求と警告

6300万円の仏壇を売る販売店は「いたずら注文」について警告した
6300万円の仏壇を売る販売店は「いたずら注文」について警告した

   インターネットサイト「ニコニコ市場」で6300万円の仏壇が話題になり始めたのは2008年8月に入ってからのこと。ニコニコ市場は、動画投稿サイト「ニコニコ動画」の動画に、関連する商品を掲載し、その商品をショッピングサイトまで行って購入できるというサービス。今回の6300万円の仏壇は、ヤフーが運営するショッピングサイト「Yahoo!ショッピング」で販売されたものだ。しかし、購入者が2名いたとする表示が「ニコニコ市場」でされていたため、6000万円超の高額な買い物を誰がしたのか、と話題になり始めた。

   さらにネット上でこの話題が盛り上がった。それは、仏壇の販売店が「Yahoo!ショッピング」のページに「いたずら注文について」と題された「警告文」を2008年8月19日までに掲載したからだ。

   「警告文」は、「最近では悪意のあるいたずら注文が多発しています。これは明らかな犯罪です」とした上で、「いたずら注文」は「偽計業務妨害罪」にあたるとして、

「悪質なイタズラ注文により、当店または善良な第三者へ迷惑・損害を与えた場合は、 警察へ被害届けを出し、イタズラ注文者の特定をします。警察からプロバイダ・携帯電話会社に調査依頼、イタズラ注文者を特定し、 損害賠償請求致します」
「『なりすまし注文』や『いたずら注文』などの悪質な行為に対しては、IPアドレスなどからその発信者を徹底的に追究し、警察に被害届けの提出、調査費用も含めた損害賠償請求など断固たる法的措置を行います」

と述べている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中