2019年 12月 10日 (火)

「名乗る必要ない」「勝手に写っていた」 ホリエモンがカメラマンに激怒

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ホリエモンこと堀江貴文さんとFLASHのカメラマンが、撮影現場での言い合いをブログでも続ける騒ぎになっている。堀江さんは、J-CASTニュースの取材にも「写真をとりながら逃げる」などと怒りを露わにしたが、FLASH側はノーコメントで、カメラマンのブログはアクセスできない状態だ。

「風景をとっていたら、あなたが勝手に写っていた」

FLASHのカメラマンが書いたブログ日記
FLASHのカメラマンが書いたブログ日記
「最初名乗れよといっても、名乗る必要ないとかいうし、かなり失礼と思いました」

   元ライブドア社長の堀江貴文さん(35)は、J-CASTニュースの取材に対し、Eメールでの回答でこう不満をまくしたてた。

   騒ぎが発覚したのは、堀江さんのブログ「六本木で働いていた元社長のアメブロ」から。2008年8月22日付日記で、堀江さんは、東京・六本木ヒルズの自宅近くで行われた麻布十番納涼まつりに参加したとき、裏通りでいきなり写真週刊誌「FLASH」の専属カメラマンに撮られたと告白した。日記では、その撮影方法について、怒りをぶちまけている。

「リラックスして近所の祭りを楽しんでいるのに無粋なやつめ。撮るのやめろっていってもやめないし」

   そして、カメラマンは、こんな言い訳をしたというのだ。「あなたを撮っているのではなく、風景をとっていたら、あなたが勝手に写っていた」。堀江さんは、この言い訳を意味が分からないとして、なんと「キモ」と捨て台詞まで吐いてみせた。

   これに対し、個人ブログを開設していたカメラマンが、23日付日記ですかさず反応した。よほど驚いたらしく、「ホリエモンブログに登場しました!」とタイトルにある。日記で、カメラマンは、いつも黙って撮らせるのに、その日は堀江さんが絡んできたと指摘。風景を撮っていたと言ったことを認め、絡まれたら、「あなた誰?」と答えて、自意識過剰の堀江さんらの面目を確実に潰すともしている。

   さらに、「撮られたくないなら変装したり、人に見つかりやすい場所には出ない方がいい」「スカート中など、普通に見えないもの以外で撮ってはいけないものなどない」とも述べている。

   堀江さんは、絡んだという状況を説明したのか、J-CASTニュースに、「そもそもこっちは多少ほろ酔いだったので、言動は多少無防備だったでしょうね」と答えている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中