2019年 7月 22日 (月)

オーマイニュース大方向転換 広告取りやすい「商品やサービス体験記」中心に

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   市民記者によるニュースサイト「オーマイニュース」が2008年9月1日で大幅に衣替えする。サイト名称も「Oh! MyLife(http://www.ohmylife.jp/)」に変更する。市民記者制度は一応維持されるが、商品やサービスの体験記事を中心にして、「広告が取りやすくなる」ことを狙っている。投稿する対象のジャンルも大幅に見直される。

「身の回りのこと」つづった記事徐々に増える

小宮紳一社長(左)と平野日出木編集長(右)
小宮紳一社長(左)と平野日出木編集長(右)

   2008年7月に就任したばかりの小宮紳一社長と、創刊直後から携わっている平野日出木編集長に今後の見通しを聞いた。

   オーマイニュースは06年8月28日、「市民みんなが記者だ」をキャッチフレーズにオープン。現在では約4600人が市民記者として登録しているが、ページビュー(PV)は伸び悩み、商業的には失敗だった。平野編集長は、

「元々『マイニュース』ということで、身近なものをニュースにする、というところからスタートした。創刊当初は、読者も市民記者も、全然編集部の考えていることを理解してくれなかった。市民記者が書いてきた原稿は、新聞やニュースを見たものの『感想文』的なものが多かった」

と振り返る一方、小宮社長も

「政治経済、といっても企業様は広告を出しにくい」

と、「感想文」では商業的に成功しない、との見方を示す。

   一方、「市民記者は最大の財産」(平野編集長)と、一部で出ている「『市民記者』という制度自体が失敗したのではないか」との見方には反論。編集部が当初目指してきたものに近い「身の回りのこと」をつづった記事が、徐々に増えてきているのだという。

「07年ごろから、身の回りのことや、旬の話題を書いた記事が増えてきた」(平野編集長)
「記事ごとのページビューを見ると、商品やサービスの体験記事が、非常に人気がある。原稿料を支払う関係で、銀行口座まで登録していただいており『身元のはっきりした方』による情報発信が行われる、というのが大きな特徴」(小宮社長)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中