2022年 1月 17日 (月)

若槻千夏放言連発 芸能活動続けられるのか

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   タレントの若槻千夏さんが、9か月のブランクを経てテレビに再び出演した。変わり者キャラは変わらず、「インド人はウソつき」といった放言を連発。ブランクの間にしたという古着の買い付け・販売については、なんともう飽きたと発言した。彼女は本当に大丈夫なのか、芸能活動は続けられるのか。

9か月ブランク「スケジュール合わず」

   若槻千夏さん(24)の変わり者キャラは、ブランクを経ても健在だった。2008年9月18日未明放送のテレビ朝日系「堂本剛の正直しんどい」に出演した千夏さん。スタジオにも楽屋にも来ず、東京・六本木のカラオケボックスに待機していた。

   その理由は、久々のテレビで緊張し、カラオケでテンションを高めたというもの。司会の堂本剛さんらは、あきれながらも、到着するや「復活」や「休業」のわけを早速ただした。すると、千夏さんいわく「マネージャーに確認したけれど、スケジュールがことごとく合わなかったんだって」。つまり、ブランクはたまたまで、休業していなかったというのだ。

   さらに、千夏さんらしい放言は続く。08年7~8月の1週間弱、旅行していたインドを紹介しようと、都内のインド料理店に移動。そこで、本場料理と同じかどうか聞かれた千夏さんは、「ううん、こっちの方がおいしい」。さらに、タージ・マハルを「タージ・ハマル」と呼んだり、インド人について、なんと「10人中10人がウソつき」と言い放ったりしたのだ。これには、さすがに「そんなハズはありません!」との字幕が付いた。

   また、古着の買い付けに行ったタイでは、好きなタイ人ができたが、強引にデートを迫られた別のタイ人(25)と1か月ぐらい付き合ったとも明かした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中