麻生経済政策は「古典的」 NYタイムズが酷評

印刷

   「麻生本命」と言われる自民党総裁選をめぐり、海外メディアもこの話題を特集している。ただ、論調は否定的なものが多く、特にニューヨーク・タイムズは、米国で論議を呼んだ「豚に口紅」との表現を引き合いに出しながら、「変革への動きが単なるショー以上のものかどうかははっきりしない」とこきおろしている。

「豚に口紅」は小池百合子氏ではない

ニューヨーク・タイムズは麻生氏の経済政策を酷評した
ニューヨーク・タイムズは麻生氏の経済政策を酷評した

   総裁選を酷評しているのは、2008年9月17日に掲載された「ポピュリストは選挙でアピールし、政治劇場を求める」と題した東京発の記事。記事は、こんな書き出しで始まる。

「バラク・オバマは、対立候補を『豚に口紅を付けようとしている』として非難したが、当地でも、『与党の自民党が、ほとんど同じことをやろうとしている』と指摘する声が上がっている」

   「豚に口紅」とは、変化が表面的にしか起こらないことを示す言葉で、米民主党の大統領候補のオバマ上院議員が「ジョン・マケインも改革を唱えているが、あれは変革ではない。同じものを違う呼び方で呼んだだけ。豚に口紅を塗ったところで、豚は豚だ」として共和党のマケイン陣営を批判したことで知られる。これに対して、「『豚に口紅』発言は、ペイリン副大統領候補を意識したものであることは明らか」としてマケイン陣営が猛反発した、という経緯がある。

   もっとも、今回の記事で使われた「豚に口紅」という例えは、候補の中では唯一口紅を利用する小池百合子氏とは、あまり関係なさそうだ。小池氏は、記事の中では、簡単な経歴や、「政府広報にミニスカートで登場した」といったエピソードが短く紹介されているに過ぎない。

   記事では、01年の「小泉旋風」と、今回の総裁選との対比に多くのスペースを割いている。各候補者は小泉人気の再来を期待している、としながらも、

「変革への動きが、単なるショー以上のものかどうかは、はっきりしない」

と懐疑的だ。さらに、

「佐々木(毅・学習院大学)教授や他の政治アナリストによると、自民党は、力のあるポピュリストがもたらすような、本当の、破壊的な変革を恐れている。結局は、小泉氏が自分の党に対する戦争を宣言して人気を得た」

と、「自民党は、小泉氏だからこそ変革できた」との見方を示している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中