ネットでは低調だった総裁選 新総理には「麻生よりも小沢」を推す声も強く

印刷

   「麻生本命」との下馬評どおり、自民党の麻生太郎幹事長(68)が圧倒的多数で第23代の総裁に選出された。新聞・テレビ各社はこの話題を大きく報じているが、ネット上での関心はきわめて低調。ブログで取り上げられた話題を調査しているサイトでは、総裁選はかろうじてベスト10にランクインするという程度。しかも、その内容となると、「出来レースだ」などと、冷ややかなものが圧倒的である。

   自民党は2008年9月22日午後、東京・永田町の党本部で両院議員総会を開き、麻生太郎幹事長を第23代総裁に選出した。5人が争う異例の選挙戦だったが、結果は1回目の投票で527票中351票を獲得、3分の2の票を得る「圧勝」。麻生氏は9月24日に招集される臨時国会で首相に指名され、同日中に組閣を行う予定だ。

ヤフーアンケートでは「誰も総裁にふさわしくない」多数

   ところが、総裁選当初から、ネット上での関心や期待感は、必ずしも高くなかった。

   たとえば、総裁選期間中の08年9月10日から9月21日にかけて、ヤフーが「自民党総裁にふさわしいと思うのは?」というアンケートを行ったところ、17万3111の回答が寄せられたが、そのうち、59422票が麻生氏を支持するもので、小池百合子氏(20568票)、石原伸晃氏(14632票)、石破茂氏(10687票)、与謝野馨氏(10439票)が続いた。ここでも麻生氏が「圧勝状態」。ところが、「誰もふさわしくない」という選択肢にも、麻生氏に投じられた票数は、ほぼ同じ57363票で、ネットユーザーによる「自民党不信」を裏付けた形だ。

   投開票当日の9月22日になっても、「低調さ」に大きな変化はなかった。ブログで関心を集めている話題を分析しているサイト「kizasi.jp」の「今日の注目の話題ランキング」を見てみても、麻生氏が総裁に選出される前後の15時現在で、やっと8位に「麻生総裁」という言葉が登場する程度だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中