2019年 1月 20日 (日)

三菱東京UFJ銀行、東京スター銀行とのATM契約を解消

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   三菱東京UFJ銀行は、東京スター銀行とのATM提携の契約を解消した。2008年11月4日から、三菱東京UFJ銀行の利用者は、東京スター銀行と、同行が「サークルKサンクス」で展開する「ゼロバンクATM」を使えなくなる。

   通常のATMは、他行のキャッシュカードで預金を引き出す場合、利用者とカードの発行元の銀行の両方が原則105円を、ATM設置銀行に支払っている。これを東京スター銀行が、利用者が負担するATMの利用手数料を無料にする「ゼロバンクATM」を展開。これに対して三菱東京UFJは、ATMの利用者を増やすことでキャッシュカードの発行元の銀行から手数料を受け取り、ATMの運営費用に充てる東京スター銀行のやり方に批判的だった。東京スター銀行との提携を維持したままだと、手数料負担が増すことになるので、契約を解消した。

   三菱東京UFJ銀行は、2年ほど前にも東京スター銀行に見直しを要請。当時は利用者の「手数料ゼロ」の声に圧されたこともあって、提携解消は立ち消えになった。この間、自行ATMの設置やコンビニATM、JAバンクなど提携先を拡大。東京スター銀行との契約を解消しても、利用者の利便を落とさずに済むよう準備していた。同行が平日の日中に無料で使えるATMは全国に5万4709台ある。

   「ゼロバンクATM」に不満をもつ地方銀行などは少なくなく、東京スター銀行とのATM契約の解消が、今後広がる可能性がある。

   なお、東京スター銀行の利用者はこれまで通り、三菱東京UFJ銀行のATMを利用できる。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中