2018年 7月 20日 (金)

「事故米」の三笠フーズを家宅捜索 詐欺容疑も視野に

印刷

   米粉加工会社「三笠フーズ」(大阪市北区)が残留農薬やカビ毒で汚染された「事故米」を食用として販売していた問題で、大阪、福岡、熊本の3府県警は2008年9月24日、食品衛生法違反と不正競争防止法違反の疑いで、大阪市北区の本社や福岡県筑前町の工場など関係先約30か所の家宅捜索を始めた。詐欺容疑での立件も視野に捜査が進められる見通しで、食の安全を揺るがした「事故米」転売問題は、刑事事件に発展した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中