一橋大の新入生飲酒死亡 学生5人を退学・停学に

印刷

   一橋大学は2008年10月14日、1年生男子が歓迎会の飲酒後に死亡したとして、2年生男子1人を退学、4人を停学とするなどの処分を行った。杉山武彦学長は2か月間、給与の3割を自主返納する。

   同大によると、小平国際キャンパスの学生寮で4月、死亡した学生ら1、2年生12人が歓迎会に出て、ビールや焼酎を飲んだという。学生らの処分は、学内の事故調査委員会からの報告を受けて決めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中