2019年 9月 19日 (木)

WBC監督選出のドロドロ人間関係 星野VS野村・イチローなのか

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   星野仙一氏のWBC監督辞退劇には、球界のドロドロした人間関係も絡んでいる。辞退決断には、バッシングのほか、野村監督やイチローらの「口撃」も奏効したようだからだ。新しい監督候補も、こんな人間関係で決まるのか。

巨人とアンチ巨人の対立軸

星野仙一氏は公式サイトで辞退表明
星野仙一氏は公式サイトで辞退表明

   WBC日本代表監督を選ぶ過程は、ある対立図式を連想させる。それは、巨人とアンチ巨人だ。

   北京五輪では惨敗した星野仙一氏(61)を強力に推したのは、巨人の渡邉恒雄球団会長。プロ野球界への影響力は大きく、2008年10月15日に開かれた球界のWBC体制検討会議も、これだけバッシングを浴びながら、「星野監督」に内定を出したほどだ。

   これに対し、選考過程を「出来レース」と揶揄したのが、アンチ巨人を公言する楽天の野村克也監督(73)だ。さらに、巨人とは縁遠いイチロー選手も、WBCを北京のリベンジに利用することに反対し、援護射撃した。

   互いに監督候補とされる星野氏と野村監督も、激しいバトルを展開していたようだ。

   野村監督は10月17日、WBC体制検討会議について、「王も『現役監督は難しい。星野がいい』って言っていたかな」と星野ありきの内情を暴露。自らが監督候補に挙げられなかったことを悔しがるように、「(野村監督を推す声は)ひとっ言もなかったよ」とおどけてみせた。

   一方、星野氏は同18日、それに応戦するかのように、サンケイスポーツ大阪版の1面トップを飾った連載コラムで、間接的に野村監督を批判した。次期の阪神監督に決まった真弓明信氏に、野村監督が阪神時代に成績の悪さからマスコミと敵対したとして、反面教師にすべきだとぶったのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中