関テレ、開局以来初の営業赤字に

印刷

   関西テレビ(大阪市)は2008年11月17日、08年9月の中間決算を発表した。売上高は前年同期比15.5%減の313億円で、営業損益と最終損益は、それぞれ17億円と11億円の赤字。いずれも、赤字に転落するのは1958年の開局以来初めて。07年1月の情報番組での捏造問題で広告収入が落ち込んだことが響いた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中