10月の訪日外国人数、円高で5.9%減

印刷

   日本政府観光局(JNTO)は2008年11月25日、08年10月の訪日外国人旅行者数は73万9100人だった、と発表した。前年同月比5.9%減で、3ヶ月連続の前年割れとなった。金融危機と円高が落ち込みの主な原因。国別にみると、ウォン安が進んだ韓国からの旅行者が15.2%減で、最も大きく落ち込んだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中