厚労省が雇用対策 失業給付60日加算へ

印刷

   非正規雇用対策として、厚生労働省が失業者への給付日数を60日ほど加算する方針であることが分かった。日経新聞などが2008年12月5日、この方針を伝えている。各企業が派遣・契約社員などの雇用契約を相次ぎ打ち切っていることを受けた対策だ。再就職が難しい中高年や雇用保険で守られていない非正規社員などが主な対象になるという。この内容は、政府・与党がまとめる新雇用対策に盛り込まれる予定だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中