内定取り消された学生の留年授業料を減額 青山学院大学

印刷

   青山学院大学は、内定を取り消され、留年して就職活動をする学生の授業料を大幅に減額する方針だ。2008年12月22日までにわかった。景気後退などの影響で内定取り消しが増えているため。09年度から1年の限定措置で、授業料は通常の半額以上の減額になりそうだという。内定を取り消された学生は同大学では現在8人。うち7人が経営破綻や倒産が理由で、1人が業績不振。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中