株券電子化、トラブルなくスタート

印刷

   上場企業が発行する株券を廃止して電子データとして管理する「株券電子化」が、2009年1月5日にスタートした。

   株券の電子化によって、投資家が株券をなくしたり、盗まれたりする心配がなくなる。また、上場企業や証券会社にとっても株券の発行や管理、運搬にかかる手間やコストが削減できる。株券の電子データを管理する証券保管振替機構は1月3日に、各証券会社との接続システムなどの準備作業を終えていた。5日は大発会で午前中だけの取引だったが、トラブルはなかった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中