2018年 7月 23日 (月)

神奈川県の「禁煙条例」、小規模飲食店など適用外

印刷

   神奈川県は2009年1月13日、民間の不特定多数が出入りする施設での喫煙を禁止する「公共的施設受動喫煙防止条例(仮称)」の素案について、風営法対象施設のキャバレーやパチンコ店などを条例の対象外とし、「努力義務」にする修正案を発表した。また、100平方メートル以下の飲食店などへの規制についても、「努力義務」とし、当初の一律禁煙から大幅に後退したかたち。業界からの反発や、小規模店舗への経済的圧迫に配慮した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中