東芝、富士通のHDD事業の買収進める

印刷

   東芝富士通のHDD(ハードディスク駆動装置)事業の買収交渉を進めていることがわかった。新聞報道を受け2009年1月14日に同社ホームページで認めた。買収総額は数百億円規模になるとみられる。東芝のHDD事業の世界シェアはノートパソコンやゲーム機器などに搭載される小型分野では約20%とトップ。富士通は同12%だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中