「市立商高の立命館移管問題」 岐阜市長選が「無投票当選」の可能性

印刷

   市立岐阜商業高校を廃止し、学校法人・立命館に移管する計画をめぐる出直し岐阜市長選について、移管を推進している前市長の細江茂光氏(60)の対立候補が擁立されず、無投票で細江氏が当選する可能性が浮上してきた。岐阜商高の存続を主張していた市議が対立候補の擁立を断念したためだ。市長選の告示は2009年1月18日に迫っている。

   この移管計画については、08年12月の岐阜市議会で、「計画の推進を求める請願」が不採択とされた。これを受けて、細江氏は市長を辞任した。市長選は09年1月25日に投開票が行われる予定。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中