新規携帯料金は口座引き落としなどに限定 電気通信事業者協会

印刷

   電気通信事業者協会は振り込め詐欺被害を防止するため、2009年2月からの新規契約者から、携帯電話料金の支払方法を、原則としてクレジットカード払いか銀行口座引き落としのいずれかに限定する取り組みを始める、と2009年1月15日に発表した。本人確認の強化を狙ったもので、店頭でクレジットカードやキャッシュカードを確認する。

   また、09年春から携帯電話不正利用防止法に基づき、利用停止となった回線に関する契約者の情報を事業者間で共有することや、同一名義での大量不正契約の防止を図るため、原則として、個人契約の契約回線数を5回線までに制限する、などを決めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中