2021年 5月 14日 (金)

グーグル辻野新社長 「日本法人としての独自性を打ち出していく」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   グーグル日本法人の辻野晃一郎社長が2009年1月26日、就任後初めての記者会見を行い、今後の抱負を語った。会見のなかで辻野社長は「地域の違いを意識したオペレーションに切り替えていきたい」と、日本法人独自のカラーを打ち出していく考えを示した。

「きちっと顔を見せて、責任あるコミュニケーションを」

辻野社長は、「現地法人としての責務をはたしていきたい」と語った
辻野社長は、「現地法人としての責務をはたしていきたい」と語った

   2008年に創業10年を迎え、日本法人も設立から7年が経過したグーグル。辻野社長は、「これまではグーグルのグローバリゼーションのフェーズ1だった」として、

「フェーズ1では日本法人が出しゃばらず、アメリカのグーグルを意識した"透明な存在"として活動してきたが、フェーズ2となる今後は、地域のいろんな違いを意識したオペレーションに切り替えていきたい」

と、日本法人としての独自性を打ち出していく方針を明らかにした。また、日本におけるグーグルの影響力も年々大きくなっていることから、

「グーグルの日本における代表者として、きちっと顔を見せながら責任のあるコミュニケーションを取っていきたい」

と表明。具体的には、日本政府に対して、グーグルのサービスや戦略について説明し、テレビや新聞などの「オールドメディア」と話をする機会を増やしていく方針だという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中