2019年 8月 26日 (月)

「豆」にこだわる新技術開発  「缶コーヒー」めぐる争い熾烈

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   「8000億円」ともいわれる缶コーヒー市場で、メーカーの「品質競争」が激しくなっている。日本コカ・コーラの「ジョージア」はコーヒー豆の品質にこだわり、「ワンダ」を展開するアサヒ飲料は抽出の新技術を開発、といった具合で、メーカー側は品質を向上させながら年にいくつもの新商品を生み出している。熾烈ともいえる競争の背景には何があるのか。

「総合評価」トップは「ジョージア」に

缶コーヒー満足度ランキング総合TOP5(オリコン調べ)
缶コーヒー満足度ランキング総合TOP5(オリコン調べ)

   オリコンが2008年12月26日から09年1月5日までの期間、「1か月以内に缶コーヒーを飲んだ」20~50代の男女合計1000人を対象に「缶コーヒー」に関する満足度などのインターネット調査を実施したところ、日本コカ・コーラの「GEORGIA(ジョージア)」が総合評価でトップとなり、79.87点でランキング1位に輝いた。2位以下はサントリー「BOSS(ボス)」(77.25)、キリン「FIRE(ファイア)」(74.63)、JT「Roots(ルーツ)」(73.83)、アサヒ「WONDA(ワンダ)」(72.10)の順となっている。

   「味」「バリエーション」「コストパフォーマンス」「品質」「製法」の5項目でポイント集計され、「ジョージア」は4項目で他ブランドを抑えて最高得点を獲得しているが、ここで注目したいのが「品質」。これについては、各メーカーが特にこの数年、力を入れている分野で、アロマ(焙煎の熱で生じるコーヒー特有の香り)の研究や豆の選定など、熾烈な闘いが展開されている。

   なぜ、「品質」なのか? 日本コーヒー飲料協会の事務を受託している(社)日本果汁協会によると、「消費者がより高品質なものを望んでいることに加え、コンビニの存在も大きい」という。

   「缶コーヒーの販売の8割方は自販機ですが、あとの2割がコンビニで、それが増加傾向にある。コンビニ側は缶コーヒーに限らず売れる商品を置こうとするし、売れないとみると厳しくはじきますからね。当然、メーカーも広告活動とともに品質の面でも努力しなければならない。いわば、新商品・リニューアル合戦の様相を呈しています」

   メーカー側の状況をみてみよう。

   JTフーズが2000年から販売する「ルーツ」では、独自のものとして「HTST製法」を取り入れている。いわゆる高温短時間製法だ。

「コーヒーは温め続けると味や香りが落ちるといわれるように、缶コーヒーも加熱殺菌時間は短いほうがおいしいのです。ルーツでは缶の形状を工夫し、熱効率を上げることで独自の製法を実現させました」(同社お客様相談室)

   また、「ワンダ」を展開するアサヒ飲料では、「コロンビア・スプレモ」など高級豆を導入するともに、「ワンダ」独自の新製法「抗酸化高低温2段抽出(特許出願中)」を07年秋の「ワンダ新モーニングショット」から導入している。この新技術は、同社の説明によると「最初に高温での蒸らし工程を入れてコーヒーのうま味成分と良質な香りを抽出し、続いて低温で時間をかけてドリップすることで、雑味や渋味のないクリアなコーヒーが抽出できる」のだという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中