2020年 7月 4日 (土)

麻生首相「高そうなスーツ」 1着30万円オーダーメイド

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   衆院本会議の代表質問で田中真紀子元外相は麻生首相に対し、「今のままでは、ただ高そうな背広を着ているおじさんで終わる」と挑発した。この発言の是非はさておき、「なるほど高級そう」と感じた人は多いはず。「おしゃれ」だと、話題にものぼる首相のスーツとはどんなものか、どれほど高いのか、どんなこだわりがあるのか、「ファッションチェック」してみた。

3か月に1度、青山の老舗紳士服店で2、3着オーダー

ビジネス用では紺とグレーのスーツを好んでオーダーする麻生首相
ビジネス用では紺とグレーのスーツを好んでオーダーする麻生首相

   田中元外相(65)は2009年1月29日、衆院本会議で行われた代表質問で麻生太郎首相(68)と初対決し、その中で「高そうな背広」発言が飛び出した。世論調査で支持率が急落している首相に、衆院解散、総選挙を迫ったものだ。

   「高そう」といわれた麻生首相のスーツとは、一体どんなものなのだろうか。

   首相は東京・青山の老舗紳士服店「テーラー森脇」に学生時代から45年間にわたり通っている。同店の店員は、

「3か月に1度の頻度でおいでになり、まとめて2、3着をオーダーします。直近では08年12月末にブレザーを仕立てにいらっしゃいました」

と明かす。

   ビジネス用では紺とグレーのスーツを好んでオーダーするという。ストライプなど柄ものも選ぶ。ジャケットの形は「3つボタン中段がけ」(ボタンが3つあり真ん中だけを留める)、サイドベンツが好みだ。お値段は1着およそ30万円。プライベートでは紺とグレーのブレザーに、グリーンや赤などのタータンチェックのスラックスを合わせたりもする。

   高そうなスーツだというのはテレビで見ただけで「なるほど」と納得するが、着こなしのうまさも目立つ。首相はトレーニングを続け、昔からほとんど変わらない体型を維持しており、スーツをきれいに着こなす努力も怠らないという。一方で、こんな裏技も使っている。

「スラックスの裾に重りを入れることで、前線がまっすぐに出て、後ろ姿もヒップと足のラインがきれいに出ます」

   上着は肘から下が広がるように作られており、「人と違った形にしたい」という首相のこだわりを随所に取り入れているそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中