2020年 1月 23日 (木)

低金利にネットの口コミ効果  住信SBI銀行の住宅ローン絶好調

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   未曾有の金融危機でマンションや戸建て住宅が売れないなかで、インターネット専業の住信SBIネット銀行の住宅ローンが好調だ。2007年9月に取り扱いを開始して以来、わずか1年半で融資実行額が1500億円を突破。ネット専業銀行としては最速の達成となった。同行の広報担当者は、好調の要因を「低金利」とみているが、マスメディアへの広告宣伝費を使わず、「自社のホームページで借り換えキャンペーンの告知をした程度」といい、ネットの口コミ効果も強調する。

ネット専業、来店不要のメリット大きい

   住信SBIネット銀行は2008年11月10日に、住宅ローンの融資実行額1000億円を達成。景気悪化で住宅販売が不振を極めるなかで、じつに98日で500億円を積み増したことになる。

   同行の住宅ローンの一番の魅力は「低金利」。たとえば、固定金利型の期間20年で年2.45%、期間30年では年2.50%(2月17日現在)。メガバンクの三菱東京UFJ銀行の20年固定型(保証料一括前払い型)が年4.40%、みずほ銀行の20年固定型が年4.350%。最も低い三井住友銀行でも、固定期間15~20年が年2.70%、同20~35年が年3.56%だから、いかに低いかわかる。

   低金利に加えて、固定金利の期間や変動金利型などの金利タイプのバリエーションが豊富で、金利タイプの変更手数料も無料。また、一部繰り上げ返済が1円から1円単位で可能で、こちらも手数料が無料だ。もちろん、申し込みから契約、融資審査、実行までをすべてネット取引で行うので来店の手間もない。それもあって、利用者は北海道から九州まで、年齢層も30歳代から60歳代と、幅広く獲得した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中