消費者金融大手4社 3月末の貸出残高4兆円割れ

印刷

   アコムプロミスアイフル武富士の消費者金融大手4社の2009年3月末の貸出残高が4兆円を割り込み、ほぼ10年前の水準にまで減る見通しになった。ピーク時の03年3月末が約6兆1000億円だったので、3割以上減ることになる。

   前年同期に比べると、10~20%程度減少している。いわゆるグレーゾーン金利問題をきっかけとした改正貸金業法で、貸出金利の上限が引き下げられたことから、各社とも融資審査を厳しくしており、それが響いている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中