2019年 7月 17日 (水)

WBC開幕 球場でお店で、ファン熱狂

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   野球の国際大会「ワールド・ベースボール・クラシック」が2009年3月5日、開幕した。06年に行われた第1回大会の優勝国・日本への注目度、期待度は大きい。開幕戦が行われた東京ドームにファンが駆けつけただけでなく、各地の飲食店・スポーツバーなどでは応援が盛り上がり、据え付けられたテレビの前などで侍ジャパンのプレーに熱狂した。

強化試合の平均視聴率はおよそ20%

WBCアジアラウンドの開幕に盛り上がる来店者のみなさん
WBCアジアラウンドの開幕に盛り上がる来店者のみなさん

   WBCへの注目度は開幕前から高かった。合宿を行った宮崎県では、連日の大観衆。特に、読売ジャイアンツとの練習試合には、球場の収容人数が3万人にも関わらず、4万5000人もの人々が詰め掛けた。16日~22日のキャンプ期間中、侍ジャパンの人気は衰えることなく、最終的には計24万人のファンが球場へ殺到した。そして、宮崎市内からスタジアムへと続く国道220号宮崎南バイパスでは、最大5キロの渋滞もあった。

   また、2月24日、25日に行われたオーストラリアとの強化試合も盛り上がった。24日の試合前には、大阪・京セラドームで売り出された当日券1200枚が、1時間ほどで売り切れた。翌25日の前売り券も売り出した際にも、100人が列を作ったという。オーストラリア戦の平均視聴率は24日が関東地区で20.8%、25日は18.1%。国際試合は、のきなみ高視聴率を記録している。

   さらに、代表メンバーが大阪から東京に移動しようものなら、JR新大阪駅は一目見ようと大混雑。ダルビッシュ有投手(日ハム)が2009年2月26日に更新したブログでは、田中将大投手(楽天)が駅のホームでファンに囲まれている様子が報告されていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中