2018年 5月 26日 (土)

対馬の観光客、ウォン安で激減 韓国資本の飲食店も閉店

印刷

   韓国資本による対馬「買い占め疑惑」問題にからんで、民主党の小沢一郎代表が「済州島を買ってしまえ」と発言したと報道されたことが波紋を呼んでいる。一時は「安全保障上問題だ」という見方まで飛び出したが、ウォン安で旅行客が激減、最近では、韓国資本が買い取った不動産を手放すケースもあるようだ。

小沢代表は「済州島を買ってしまえ」発言否定

   連合の前会長・笹森清氏は2009年3月11日夜都内の会合で、民主党の小沢代表との会話を取り上げた。各紙によると、小沢代表が「対馬のことをどう思うか」と質問。笹森氏が「対馬のことを心配している。ウォン経済に買い占められそうだ」と言ったことに対して、小沢代表は「円高だから済州島を買ってしまえ」と発言したという。しかし、12日、「特定の話ではない」として、小沢代表はこの発言を否定している。

   これが各紙に取り上げられ、対馬問題に注目が集まっている。対馬では、韓国人が次々と不動産を買収していることが報道され、海上自衛隊対馬対策本部の隣接地までが買われたという話まで出ていた。J-CASTニュース2008年10月26日、「1町で2、3軒程度の買収」があったことを報じている。

   もともと対馬には05年以降から、韓国人観光客が大挙して押し寄せていた。観光客が右肩上がりに伸びており、07年には計6万5000人ほどが韓国から訪れた。これは、島の人口約3万7000人の倍くらいの数。経済が活発すると歓迎されていた。ただし、観光客のマナーの悪さもたびたび取り上げられてもいた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中